「車の修理など予定外の出費があった」 「友人の結婚式などで普段よりも出費が多くなってしまった」

そんなときに限って給料日はまだ先。今すぐに現金が必要で困っていないでしょうか。

「足りない分をすぐに借りられる」キャッシングはこうしたときに便利です。ただし、キャッシングでも条件によっては時間がかかってしまうことがあります。それでは、「今日中にどうしても借りたい」というような緊急時にはどうすれば良いでしょうか。キャッシングに時間がかかってしまうパターンを知り、すぐに借りられる方法を考えていきましょう。

借り入れまで時間がかかってしまうのはどうして?

「即日融資」「最短30分で審査」などスピードが売りのキャッシングはたくさんあります。ですが、実際には申込みから借り入れまで長く時間がかかってしまうケースも。

それには、主に以下のような要因があります。

準備不足・書類不備

キャッシングの利用には本人確認書類が必要になります。

運転免許証やパスポート、顔写真付きの住基カードなどはこれ1枚でOK。顔写真が付いていない健康保険証などですと併せて住民票や公共料金の支払い証明などが必要になることがあります。

書類を提出して本人確認ができないと、審査に通っても借り入れができません。書類提出が遅れれば、それだけ借り入れまで時間がかかります。

また、申込書の記入不備で再提出になれば、やはりそれだけ時間がかかります。

申し込み時間が悪い

深夜の申し込みですと、審査自体は翌日になりますので「30分で完了」というわけにはいきません。

また、日中に申し込みをしても「平日14時までに審査完了なら指定の口座に即日振込み」など、曜日や時間帯によっては翌日や休み明けの借り入れになるケースも。

申し込みタイミングにより、審査から融資までの時間が大きく変わるという点には注意が必要です。

審査に落ちてしまう

審査に落ちてしまう原因はいくつか考えられます。

収入や雇用形態(アルバイトやパートなどの非正規雇用)が原因になっているのならば、申込み先によっては審査に通る可能性が高いです。

他社からの借り入れがある、クレジットカードでの買い物や携帯料金などの滞納があるという場合ですと、申込先を変えても審査に通らないことが多いでしょう。

複数の申し込みはNG!事前に条件の確認を

キャッシングを申し込むとき、審査に通るかは非常に気になるポイントですよね。

できるだけスムーズに進むように、申し込み条件や必要書類、借り入れまでの流れなどを申し込み前にしっかり確認しておきましょう。「いくつか申し込めば、どこかの審査は通るかも」というように考えて、2社、3社と複数申し込んでしまう人がいますが、これはNGです。

申し込み状況はシステムで共有されています。多数申し込みをしていると「この人は経済的にかなり困っているのではないか」と、返済能力に不安があるとみなされてしまうことがあるからです。

状況に合わせて選ぼう!3つの方法

スピードなら消費者金融

消費者金融はスピード審査、スピード融資が大きなメリットです。

無人契約機を利用すれば、すぐにキャッシングのカードが発行されます。銀行振り込みでの融資だと振込可能な時間が限定されますが、カードでしたらCDやATMで土日や夜間でも借り入れ可能です。

金利は比較的高めに設定されていますが、一定期間は無利息というプランなら「次の給料日に返済できる」というような場合は利息の心配なく借りられますね。

特にテレビでCMしているような大手の消費者金融でしたら、審査は合理化されていて早いですし、店舗数も多いので近場で無人契約機も見つけやすいでしょう。

条件次第では即日融資も可能な銀行カードローン

銀行カードローンは金利の安さが魅力ですが、消費者金融に比べると審査に時間がかかります。 大手銀行では即日審査など消費者金融と変わらない短期間での融資をうたっているところもありますが、即日借り入れできるかは条件次第です。

審査時間が短くても、即日振込み可能なのはその銀行の口座のみということもありますし、15時以降の借り入れはキャッシング機能の付いているキャッシュカードのみということも多いです。

「すでに口座を持っている」「審査に通れば今使っているキャッシュカードでそのままキャッシングできる」という2つの条件がクリアできれば、低金利のカードローンを即日利用も可能でしょう。

クレジットカードがあればカードのキャッシングが最短

「すぐにお金を借りたい」というときにネックになるのは、何にしても審査時間。

すでにクレジットカードを持っている場合、カードのキャッシングが最短になるケースが多いです。キャッシング枠があれば、それこそ「今すぐ」借り入れできます。ショッピング機能のみでキャッシングは申し込んでいないのでしたら、まずはキャッシング機能を申し込まなければいけません。

申し込みから利用可能になるまで、手続きに数日かかることもあります。また、キャッシング機能が利用可能でもキャッシング枠が残っていなければ借り入れはできません。キャッシング利用枠は、ネットやATMで確認できます。

まとめ

すぐにキャッシングを利用するためには、「申込み先の選び方」と「事前確認・準備」の2点が重要です。

  • まずは、借り入れ条件や融資までの流れの確認
  • 自分の状況や条件に合う借り入れ先選び
  • 必要書類を準備して申し込み

この手順で申し込みを行うことで、審査から融資までの流れはかなりスムーズになります。急いでいるときは、焦ってうっかり見落としてしまうこともありますので、落ち着いてひとつずつ確認しながら進めましょう。