お金の出費というものは突然やってくることも多いのですが、その時に便利なものとしてはクレジットカードがあります。しかしクレジットカードで支払えない現金などが必要な際にはキャッシングやフリーローンなどが便利ですが、こちらは心理的なハードルがやや高い方もいるでしょう。クレジットカードもキャッシングに審査という点では共通点があるのですが、即日などで出来るキャッシングに関しては最近増えてきているので、万が一の時などに備えてキャッシングの仕組みや選び方について学んでおきましょう。

今回は急ぎで現金などが必要になったケースを取り上げますが、このような時にはクレジットカード以外にもキャッシングなどが便利になっています。クレジットカード自体はトラブルが起こる前に発行していることが多いと思われますが、キャッシングに関しては急にお金が必要になってから新規発行や手続きなどをする方が多いでしょう。この時に気になるのが急ぎでのキャッシングは即日融資が可能かどうかという点と、実際の審査項目などでしょう。

キャッシングに関しては最近ではWebでの申込みなどが可能となってきています。勿論キャッシングのお店に関しては、消費者金融などでは無人契約機などが豊富にありこれを利用することによって即日で審査を行いカードを発行することが可能となります。また予めWebでの申込みをしておくと、無人契約機などでの手続きなどが簡単になりより急ぎの出費に間に合わせることが可能です。最近ではWeb完結のサービスだと審査を終えた後に銀行振込での借入が可能となっているお店も多くなっています。必要な書類関係もWebでの申込みだと専用アプリや写メなどを送信することで簡単にできますし、とにかく急ぎでお金を借りたいという方にはこういったサービスを利用するのをおすすめします。銀行振込に関しては該当する銀行の営業時間などに左右される点もありますが、インターネットバンキングなどのサービスに対応しているお店も多くなっているので、こちらも急ぎで現金が必要な時には便利なサービスとなっています。

即日借入可能なキャッシングの手続きや審査について

このように急ぎでお金が必要になった時にはキャッシングや消費者金融などを検討してみるのをおすすめします。即日借入可能なキャッシングに関しては、もし近くに実店舗や無人契約機などがある場合はそちらを使用すると即日でカードも発行できるので直ぐに借入が可能となります。Webでの手続きと銀行振込を利用すると土日祝日や夜でも借入が可能となるのですが、手続きなどに関しては少々注意する点があるので気をつけましょう。

キャッシングのサービスに関しては総量規制という項目があり、これは借りる側としては年収の1/3以上の借入ができないという点と、50万円以上の借入に関しては収入証明書が必要になるという点は覚えておきましょう。これらは借りすぎによるトラブルを防ぐという点や返済能力を見極めるために必要なことですが、これらは一般的には消費者金融などと言われているキャッシングに適応されます。一方で銀行系のローンやおまとめローンに関してはこの総量規制という項目は適応外とされており、年収の1/3以上の借入でも条件によっては可能となります。その分銀行系ローンやおまとめローンは審査がより厳格になるので、消費者金融のフリーローンと一長一短があります。

即日借入可能なキャッシングに関しては消費者金融などのフリーローンの方がやや多めとなっていますが、最近だと銀行系のローンでも受け付けていることもあるので事前にチェックしておきましょう。どちらの場合でも審査はしっかりと行われるのですが、条件に関しては年収と職種、そして信用情報が大事になってきます。年収と職種に関しては返済能力に関わってくる項目ですが特に毎月安定して返済できるかどうかがチェックされます。そのために給与形態として月収が支払われる職業だと審査面でプラスになりますし、一方で自営業やフリーランスなどの職業だと審査面でマイナスになってしまいます。また信用情報というものに関しては、過去に金融系の事故の有無や債務整理の有無、各種支払の延滞や遅延、過去や現在の借入状況などが信用情報機関を通じてチェックされます。これら2点に加えて審査については勤務先への在宅確認が行われるので、この点も覚えておきましょう。

まとめ

急ぎで現金が必要な時にはキャッシングや銀行系ローンを活用すると便利になります。実店舗や無人契約機などを利用すればその場でカードが発行されて、直ぐに借入が出来るのでおすすめです。

一方で最近だとWebでのキャッシング申込みや手続きもより便利になってきています。これを事前にしておくと無人契約機などでの手続きも簡単になりますし、可能ならば銀行振込による借入もスムーズになるので検討してみましょう。審査条件に関しては年収と職種、信用情報などが大事になりますのでこの点はちゃんと覚えておいて自分に合ったキャッシングを選択しましょう。