キャッシングとは、一般的にクレジットカードやキャッシュカードに備わっている機能で、ATMなどで簡単にお金を借りることのできるシステムです。キャッシング機能はクレジットカード等を申し込む際、利用枠を希望することが出来、審査を経て上限額が決められます。また、必ず金利手数料が発生し、おおよそ15~18%ほどです。返済方法等はクレジットカードの利用規約で変わりますので、利用する前に確認が必要です。

日常生活において、手元に現金がなく困ったり、急に現金が必要になったことはありませんか。そんな場面では非常に便利なキャッシング機能ですが、その利便性の裏に様々なデメリットも持ち合わせています。安全な利用方法を考えていきましょう。

キャッシングの利用方法は様々あります。

最近のクレジットカードの多くは手持ちのスマートフォンでインターネットやアプリを使って簡単に申し込むことが出来ます。ですので急に現金が必要になった時でもすぐに対応することが出来ます。

また忙しく時間が無い時でも簡単に行えます。一般的に銀行や消費者金融などからお金を借りようと思えば、平日の昼間に窓口へ行ったりしなければいけません。キャッシング機能を使えばどこにいても数分で申し込みが出来、早ければその日のうちに現金を手にすることが出来ます。

このお気軽さがキャッシング機能の最大の魅力と言って良いでしょう。また、窓口に行ったり電話をかけて誰かと話したりせずにお金が借りられるのも気軽さを生みます。やはりお金を借りるということは誰しも後ろめたい気分になるものです。それを誰とも顔を合わせずに済ませられるとなると、少しお金を借りるハードルが低くなった気がするものです。

キャッシング機能のメリット - スマートフォンから短時間で申し込むことが出来る。 - 早ければその日のうちに現金が手に入る。 - 誰とも顔を合わせずお金を借りることが出来る。

このように、お金を借りる際キャッシング機能を使って借りることを選択するのは沢山のメリットがあります。しかし、キャッシング機能は気軽に使えるからこそ、後々返済に困ってしまう人も多く出てきます。

短時間でお金を借りることが出来るので、返済計画など立てたり、思いとどまったりする時間も少なく、とっさの思い付きでも借りられてしまうのです。なので後々後悔する人も出てくるのでしょう。

困ったときにその都度少しずつ借りていても、気づけば思いもよらない金額になってしまった、という人も少なくありません。また、返済方法が一括やリボ払いなど決められており、思ったより全額返済に時間がかかってしまった…。という人もいます。ではそのような返済地獄に陥る前に何を確認するべきなのでしょうか。

借金をしているという感覚を忘れない!返済は計画的に

どんなに気軽にお金を借りることが出来ても、それは借金をしているということに変わりはありません。その事実をしっかりと自覚し、確認しなければいけません。どんなに少額だろうと、それを積み重ねていけばやがて大きな借金としていずれ自分の生活を苦しめることになることを想像してみましょう。便利なものには必ずデメリットもあるということも肝に銘じておかなければいけません。

また、実際急用でないときや、何かを我慢すればキャッシング機能を使わなくても乗り越えられそうな場面でも、キャッシング機能を使えば簡単にお金を借りることが出来てしまえます。最初からキャッシング機能に頼るのではなく、他にも解決策が無いか考えてみるのも大切です。

金利手数料を計算してみましょう

キャッシング機能には当然金利が発生し、借りたお金以上の額を返済しなければいけません。申し込む前に、どれくらいの金利がかかるのか一度計算してみましょう。余分に払うお金の額をみればもったいない気持ちも生まれてくるはずでしょう。それでも借りなければいけないのか、それなら借りずにどこかの出費を削るか、何度か改めて考えてみると後に困ることも無くなるかもしれません。

もう一度返済の仕方を確認してみましょう

クレジットカードによってはキャッシング機能の返済は一括払いかリボ払いのみと決められているものもあります。リボ払いは場合によっては分割払いより金利手数料が高くかかったり、返済するまで時間がかかったりしてしまいます。キャッシング機能を利用する前に、利用規約をよく読み返済の計画を立ててみましょう。

それでもやめられない人は…。キャッシング機能を気軽に使えないようにする

しかし、それでも出費をコントロール出来ない、何度もキャッシング機能を利用してしまうという人もいるでしょう。そんな人は自分のクレジットカードからキャッシング機能を外すことや、キャッシング利用額を減らしてみることも考えてみましょう。手元におかず、気軽に使えなくすることが依存から逃れる一番の解決策と言えます。

まとめ

キャッシング機能についてそのメリットや注意点を考えてきました。どんな便利なサービスもその裏側にデメリットも多くあります。まずは自分でしっかりと調べ、そのサービスについて確認が必要です。キャッシング機能については急な用でも対応でき、借金を背負うという自覚があまりなくても利用出来てしまえます。ですので自分自身でしっかりとお金の管理を律し、計画を立てていくことが大切です。