お金を借り入れると安心してしまい、あまり利息についてまで考えない人も多いのではないでしょうか。

ですが、カードローンは高金利です。高い利息が付く借金をする以上、まるっきり知らないというのはいけません。

面倒くさがらず、返済におけるリボ払いについて正しく知っておきましょう。

キャッシングのリボ払いとは?

この記事をご覧になっている人は、「キャッシング リボ払い」で検索して来られたのでしょうか。

ですがそもそも、カードローンの返済はリボ払いが当たり前です。リボ払い以外の返済方法が用意されているわけではない点は、まず押さえておきましょう。それにしても、返済方法として当然のリボ払いが気になったのだとしたら、それはなぜでしょうか?

リボ払いは、消費者保護の観点から、世間ではしばしば悪者にされます。そのイメージをお持ちなのではないでしょうか?

クレジットカードのリボ払い

リボ払いが悪者扱いされるのは、クレジットカードによるショッピングの世界での話です。

クレジットカードの代金は、一回払いですと金利が発生せず、カード会社にとっても、収益は加盟店からの手数料収入だけです。それで収益を上げるため、クレジットカード会社各社はリボ払い専用カードを発行したりするなどして、リボ払いを積極的にアピールしています。

リボ払いの売り文句は「支払が月々一定で済む」というものです。知識のない人は熟慮することなくリボ払いをして、自覚のないままどんどん借金を増やしていきます。

利息(リボ手数料)を取って収益を上げるのが本音なのに、消費者に対して「月々一定の支払でいい」という売り文句だけで消費者にリボ払いをアピールする態度は、確かに無責任と非難されても仕方ないでしょう。

ですが批判される理由は、本来借金にならないはずのクレジットカード利用代金を、リボ払いに誘導してわざわざ借金にさせているためです。

カードローンのリボ払い

一方で、自覚的に借金をするカードローンにおいては、リボ払いは当たり前の手段です。

カードローンで借金をしておいて、クレジットカードのショッピングのように「一回払い」で返済など、そもそも利用者には不可能だからです。

ですから世間の誰も、カードローンのリボ払いのことを非難などしていません。安易な借金自体は批判できても、借金により生じる、当たり前の仕組みであるリボ払いについては非難しようがないのです。

ショッピングとキャッシングとでは、リボ払いという仕組み自体は一緒でも、その意味合いはまったく違います。そこは勘違いしないようにしましょう。

リボ払いの仕組み

リボ払いの仕組みを見ていきましょう。

その種類もたくさんあって複雑そうなのですが、決してそうでもありません。ごく簡単に言いますとリボ払いは、借入額の大きさにより、自動で毎月の返済額が決まる仕組みです。ショッピングでもキャッシングでも、これは同じです。違うのは、ショッピングの場合は自分で毎月の返済額を設定できる点です。

キャッシングの場合は、返済額を選ぶことは選べません。もっともキャッシングの場合は、限度額の範囲で追加借入れが可能なので、それほど不自由さがあるわけでもありません。 カードローンにおける、リボ払いの一例を見てみます。

SMBCモビットの場合を見てみます。これは「最終借入後残高」によって返済額が変動する仕組みです。最後に借りた際の残高により、返済額が自動的に決まります。

  • 10万円以下の場合 返済額は4,000円
  • 20万円以下の場合 返済額は8,000円
  • 40万円以下の場合 返済額は11,000円

最終借入後残高がもっと高い場合は、返済額もさらに高くなります。ただ、返済額が毎月著しく変動するわけではなく、おおむね一定です。返済が進むにつれ、段階的に下がっていくわけです。

SMBCモビットは比較的わかりやすいですが、もう少し複雑な方式もあります。ですが、その基本は大きくは変わりません。

利用者としては結局、以下の点だけ理解しておけば十分です。

  • 残高によって返済額が変わる
  • 月々の支払はおおむね一定

毎月の返済額は、決して多額ではありません。このことについては、利用者はしっかり考える必要があります。

月々の負担が軽いということは、それだけ借金が減らないということです。その点を自覚しましょう。減らない借金からは、高い利息が発生し続けます。ですから、月々の負担が軽いということは、決してメリットだけでもないのです。

ショッピングのリボ払いが批判されるのも、まさにこれが理由です。一括払いでさっさと支払えばいい利用代金を、わざわざ少ない返済額しか受け取らないことで、利息手数料を得る仕組みだからです。

ですから、キャッシングもショッピングも、義務としての返済だけしていてはダメで、随時の返済が極めて重要になるのです。

リボ払いにはどんなメリットがあるのか

すでに見てきましたように、カードローンにはリボ払い以外の返済方法がない以上、リボ払いのメリットを考えても意味はありません。

ですが少々脱線して、クレジットカードのショッピングにおけるリボ払いのメリットについて見てみましょう。借金が必要な人にはあまり関係ない話だと思われるかもしれませんが、実は大いに関係があります。

ショッピングリボ払いの評判が悪いのは、自覚のない借金を作らせる方法だからです。この点、借金を自覚してショッピングリボ払いを利用するならば、たちまちメリットが生じます。

ショッピングのリボ払いは、カードローンでの借入れの替わりになるのです。

どうするかといいますと、まずクレジットカードの毎月の支払が一定以上あることが前提です。といって、ムダな買い物をする必要などありません。

毎月の公共料金、通信費、交通系電子マネーやETCカードをすべてクレジットカード払いにすれば、人により3万円から8万円程度の引落しが毎月発生するでしょう。

こうしておいて、クレジットカードの代金支払を、リボ払いにします(最近は、多くのカードにおいて、会員用Webサイトでリボ払いへの変更ができます)。すると、カード代金の支払いが短期的には免除され、次の給料が入ってくれば手元に現金が残ります。

カードローンのように審査も不要で、いつでも借金をすることができます。そして、ショッピングリボ払いの金利は15%程度で、消費者金融カードローンの多くが採用している18.0%より低いのです。

利息の発生する時期もカードローンより遅いので、ショッピングリボ払いによる借金は、負担が少なくいい方法です。

リボ払いにはどんな種類があるのか

リボ払いの種類を解説します。ただ、すでにリボ払いの本質が掴めた人なら、それほど細かい違いに気にする必要はありませんので、読み飛ばしても結構です。

リボ払いには、大きく分けて次のものがあります。

  • 定額返済方式
  • 定率返済方式

定額返済方式のほうが、若干わかりやすいでしょう。先に例として挙げたSMBCモビットのものもこれです。クレジットカードのショッピングリボ払いも、返済額お自分で決めますので、この仕組みです。

もう一種類が定率返済方式です。残高に、一定の率を掛けて返済額を求めるものです。ただし、実際のところ方式による差はほとんどありません。

まとめ

  • キャッシングリボ払いは、返済の仕組み
  • 悪者扱いされるのは、ショッピングリボ払い。ただし上手に使うと便利。
  • 返済の負担の少なさは、将来の負担の大きさ。借金の裏表を知ろう。