必要なときの借金は堂々とすればいいのですが、そうはいっても借金を人に知られたくないときは誰にでもあるでしょう。 家族や勤め先にバレずにカードローンを契約するには、どうしたらいいでしょうか。

そもそもカードローンはどうしてバレる?

バレない借金をするためには、バレる理由を知ることが大事です。 家族や勤務先に借金がバレてしまうのはなぜでしょうか? さまざまなケースを見てみましょう。

ローン専用カードの存在

消費者金融のローン専用カードを持っていますと、思わぬところで他人に借入れを知られるかもしれません。

プロミスやSMBCモビットの場合、カードの券面に社名が記載してあります。

消費者金融によく似ている、信販系のカード(オリコ、ジャックス等)だと、カードローン専用のカードである内容の記載まであります。クレジットカード系のカードローンも同様です。

アコムやアイフルなど、何のカードかわからないようにしてあるものもありますが、少数派です。

銀行のカードローンの場合、ICチップ入りのキャッシュカードに統合できるので、ローンを持っていることを全く知られません。ですが消費者金融の場合、さすがにこのようなわけにはいきません。

ローン専用カードは、完全に隠しておけない場合、最初から「持たない」という方法もあります。最近では、カード発行をしない選択も可能です。カード発行しない場合、借入は振込に限られます。スマホをカード代わりにできるサービスも一部で行われています(詳しくは後述)。

郵送物の存在

貸金業法には、契約書面や利用明細について利用者に送付しなければならないルール(法律)があります。消費者金融から郵送物が届いてしまい、借金がバレるということがあります。

開封式のハガキや封筒等には社名は書いていないのですが、不審に思われることはあるでしょう。

ですが、これは簡単に回避できます。

利用者の申出があれば、契約書や明細はWebでの確認に移行できるのです。クレジットカードで、明細をWebで確認している人は多いのではないでしょうか。それと同じです。

契約手続中、または契約完了後、会員用サイトですぐ手続きできます。

ただ、ローンカードを郵送してもらう場合、これは現物ですから省略しようがありません。しかし、自動契約機を利用すれば郵送ではなくその場でカードを受け取れます。

銀行カードローンの場合は、カードを別途持たないことができる点はいいのですが、送ってくる郵送物については、銀行によります。望まないのに送ってくるDM等もありますが、ただ銀行の書面はあまり不振には思われないものでしょう。

そうした書面も含めて郵送を止められるかどうかは、銀行に相談しましょう。

通帳から

銀行の取引について、通帳を印字する人は減ったかもしれません。ですが、明細の確実な確認方法である以上、現在でもまだまだ通帳は使われています。

通帳を印字するのはいいのですが、消費者金融との取引も印字されてしまいます。

具体的には、自動引落しや、Webでのキャッシング・返済です。

アイフルなど、個人名で引落しが記録され、またインターネット返済を扱っていない業者もありますが、いずれにせよ取引の事実自体は隠せません。

解決策としては、最初から通帳を発行しない、ネット銀行の口座を新たに持てばいいでしょう。ネット銀行の中でもジャパンネット銀行や楽天銀行などは消費者金融との相性が抜群で、業者との組み合わせによっては銀行休業日や深夜でも振込みを受けることができます。

電話から

カードローン申込みの際には通常、電話が掛かってきて、申込んだ事実の確認がなされます。この電話は、携帯電話で受けられます。家や職場の外に出た際にWeb申込みをすれば、家族や同僚に疑われることはありません。

ただ、これは在籍確認の電話とは別の話です。在籍確認は申告した勤務先に本当に在籍しているかどうかを確認するのが目的ですから、必ず職場にかかってきます。

しかし、在籍確認は貸金業法上、契約の守秘義務が業者に課せられていますので、心配は無用です。在籍確認の電話において、社名を出すことは絶対にないからです。もし、同僚に不審に思われたら、「クレジットカードの審査だ」と言っておけばいいのです。

ただしカードローンの利用開始後、社名を出した電話が掛かってくることが絶対ないとは言えません。それは、返済を滞納した場合です。最初は個人の携帯に掛かってきますが、それを無視し続けますと、自宅や会社に電話されても文句は言えないのです。

きちんと返済をして、また万一返済を忘れた場合でも、電話を無視するようなことがなければ、この点は問題ありません。

身内バレを防ぐ消費者金融のアイテム

カードローンでバレないためには、工夫をしましょう。

最近では、様々な借入方法が登場しています。必ずしも、秘密を守るためのものではありませんが、人に知られたくない人にもお勧めです。

カードを持たない

ネット銀行口座を持っておいたり、既存の銀行口座でもインターネットバンキングを利用したりすると、ローン専用カードを持たなくても融資が受けられます。カードローンといいつつ、消費者金融の場合、最初からカードを持たない選択肢があるわけです。

消費者金融大手では、ほぼカードレスのカードローンを扱っています。

ちなみに、レイクALSAの場合、「カードレス」というと、次のスマートフォンでのキャッシングのことを指しますのでご注意を。ちゃんと、それ以外に振込融資のサービスはあります。

スマートフォンでキャッシング

最近、消費者金融大手に新たに登場したサービスが、スマートフォンによるキャッシングです。

消費者金融のアプリをインストールし、これによってセブン銀行ATMでキャッシングをする方法です。セブン銀行ATMは、セブンイレブン店頭をはじめとして全国にありますので、困ることはありません。

この方法の最大のメリットは、カードを入手しなくても、カードの替わりになるということです。カードを受取りに自動契約機に出向く必要もありませんし、なによりも日ごろカードを持たなくていいわけです。

現在、「プロミス」「SMBCモビット」「アイフル」「レイクALSA」で採用しています。

ひとつ難点を言いますと、セブン銀行でスマートフォンでのキャッシングが可能な金融機関は、現在消費者金融が多数派だということです。銀行で採用しているのは「じぶん銀行」「北陸銀行」だけです。

ですから、セブン銀行でスマートフォンを操作しているところを見られるだけで、詳しい人には、借入れをしていると思われる可能性はあります。

もしそこまで気になる人なら、じぶん銀行の口座も持ってみたらどうでしょう。

クレジットカードで借り入れる方法も

消費者金融のカードローンと、クレジットカードに付いているキャッシング枠とでは、どちらがイメージがいいでしょうか?実際のところ、どちらも同じ貸金業法に基づいて貸出しをしているものであり、中身はほぼ同一です。

既存のクレジットカードで借入れができるのもメリットです。

エポスカードやセゾンカードなど、手数料の掛からない専用ATMを用意して、キャッシングにも力を入れているクレジットカードもあります。どちらも、カードの即日発行が可能で、即日融資も受けられます。迷ったときはこれらも検討してみましょう。

まとめ

人にバレずにキャッシングする方法のまとめです。

  • カードを持たないことができる
  • スマートフォンでのキャッシングも便利
  • 返済はきちんとする
  • クレジットカードのキャッシング枠も便利